感想と要約「心をひらくほめグセの魔法」

SHARE

感想と要約「心をひらくほめグセの魔法」

読書メモです

普通の言葉が人生をここまで変える

もう一歩前に出る

懇親会で自己紹介するのは億劫になることがある

しかし「行っていいのかなと思っている時が一番辛いんだだったら踏み込め」と考え相手との間合いをグッと詰めると 関係は進んで行く

ありがとうの威力

褒め言葉、感謝の言葉、相手の名前を覚えよう

人は大げさに褒められたいわけではなく自分が誰かの役に立っていることを知りたい

すみませんというところも全部ありがとうに変えてしまう

小さな事実に目をつける

いいタイミングでお茶を入れてくれたね。あの後お客様が腰を据えて話してくれて商談が進んだ。ありがとう

相手のした小さなことが大きな影響を及ぼしたことを伝える

正しいほめ方には真実が含まれている

まずはほめよ理由は後で考えよ

  1. すごい
  2. さすが
  3. すばらしい
  4. 素敵

とりあえずこの四つの言葉を言ってしまってその理由は後から考える

脳は怠けやすいがとりあえず褒めてしまうとその理由を無理矢理にでも考えようとする

相手をなるべく名前で呼ぶ

下の名前で呼ばれると予想以上に嬉しい

自分を前向きに再発見する

褒めることは価値を発見すること

目の前の人の価値を発見して伝える

褒めて価値を見つけられるようになると アイディアが湧くようになり 自然と人から褒められるようにもなる

悪い暗示を慎重に避ける

脳は 自分と他人を区別できない

誰かを悪く言うと自分で自分を悪く言うのと一緒になってしまう

だから誰に対してもいい言葉を使うことが大切だ

 

タイガーウッズは相手がパターを行っているときも外れろ外れろではなく入れ絶対に入れと念じる

自分に対しても相手に対しても常に良い言葉を使うことが大切

相手の心の縛りをとこう

人と比べずに過去と比べる

他人と比べられるよりも 「過去の自分と今の自分の成長」を認められるとものすごい嬉しい

行動という返事を引き出す

欠点に見えることのすぐ横に長所を見つけることもできる

人を褒めると指示やアドバイス通りに行動してもらえる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です