要約と感想「2人が最高のチームになるワーキングカップルの人生戦略」

SHARE

要約と感想「2人が最高のチームになるワーキングカップルの人生戦略」

読書メモです

結婚観のバージョンアップ

あなたは自分で自分を養えますか?

結婚や出産を経てずっと働き続けるということは、自分のことを自分で食べさせていけるということ

そのメリットは、結婚相手を地位や収入ではなく、愛しているかという一番大切な基準で選べること

夫の残業は見えにくい退職理由

妻が仕事を辞めると家族を養う責任が夫1人にのしかかってくる

もしも夫の給料がさがれば、残業をして手取りを稼がなければならなくなり、精神的にも身体的にも良くなく、夫が子育てに関われる時間も減ってしまう

コミュニケーション戦略

将来の夢と目標を数字で共有する

ライフプランを書いてみて、「いつ資格を取りたい」「いつ旅行したい」「いつ家が欲しい」といった真面目な内容を共有する

共働きによって収入が増えることによって、実現できる夢が増える

2人の関係を変える「ほめの循環」

「言えば伝わるだろう」というのは残念ながら伝える側の思い込みで、相手からの信頼を得るためのコミュニケーションができていないと伝わらない

間違いを諭すのではなく、できたことを褒めることで伝わっていく

褒めること(自分がしてもらいたいこと)を先に行えば相手からも褒めが帰るようになり、ステキな循環が生まれる

褒められることは自己肯定感につながり、自信につながっていく

恥ずかしいくらいに褒め合うようになれれば最高だ

家庭でのコミュニケーションは職場でも使える

妻や子供とうまくコミュニケーションが取れない人は、職場でもうまく話すことができない

今後は職場に女性が増え、年齢を重ねれば年下が増えていく

家族とうまくコミュニケーションが取れていれば、それがそのまま職場にも活かせるんだ

3分でもいいからコミュニケーション

夜のお茶タイム子供を寝かせた後に二人でお茶のタイムを設ける

子供の話題、職場の話題、今勉強していること、抱えている課題

夫の転勤辞令

夫の転勤=妻の退職と考えてはいけない

長い結婚生活の中では たとえ単身赴任だったとしても短い期間

ネットも Skype もある今ではコミュニケーションにもそんなに困らない

同じ勤務地に転勤できないかを検討したり 転勤辞退を辞められないかを検討すべきだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です